SSブログ

岡山フィル第67回定期演奏会 Vn:竹澤恭子 指揮:熊倉優 [コンサート感想]

岡山フィルハーモニック管弦楽団第67回定期演奏会

ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」序曲
ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調
〜 休 憩 〜
ベートーヴェン/交響曲第3番変ホ長調「英雄」

指揮:熊倉 優
ヴァイオリン独奏:竹澤 恭子
ゲストコンサートマスター:福田悠一郎


2021年3月14日 岡山シンフォニーホール


oka_phil_67th.jpg

 僕は本来、コンチェルトよりシンフォニーの方が好きで、たぶん一般的なコンサートゴーアーの方々よりもソリストに対する期待が淡白な方だと思うのだが、この日のコンサートはやはり竹澤さんのソロの素晴らしさ・凄さに圧倒された。どの瞬間を切り取っても凄かった・・・・。これまで岡山フィルに客演したヴァイオリンのソリストの中でも最も感銘を受けた。

 岡山フィルも「コンチェルトだから少々抑えめに」なんていうことは全く無く、(竹澤さんからも盛んにアイ・コンタクトを取っていたこともあって)並のソリストなら音が埋もれてしまいそうな結構な音量で演奏していた筈だが、そんな50人からなるオーケストラの音から突き抜けてくる竹澤さんのヴァイオリンの輝かしいこと!


 後半のベートーヴェンは、溌剌としていながら、豊かな響きで極上のアンサンブルにまとめ上げていた(特に木管・ホルンが絶品)。熊倉さん、まだ29歳。こりゃ只者ではないですな。若さに任せて強引に行ったり、逆に遠慮を感じさせたりという事がなく、オーケストラと隙のない対話を繰り広げながら、このオケが一番芳醇な音が出せるポイントに流れを導いていく感じ。オーケストラもとても気持ちよさそうに弾いている。

 僕は時々天井を見上げながら、「この豊かな響きはなんなんだろう」と陶然としながら聴いていた。熊倉優という指揮者は、僕の中では「倍音の魔術師」と呼ぶことにする。指揮台でタクトを振るいながら、その耳だけはホールの空間に置いて、全体の響きを調整していく・・・。この10年で感銘を受けた若手指揮者(ヤコブ・フルシャ、クシシュトフ・ウルバンスキなど)と共通するセンスや耳の良さを感じる。

 もっともオーケストラからすれば、「我々がその音を出しているんだよ」と言うだろうし、岡山フィルとシェレンベルガーが8年かけて作り上げてきた音がベースになっているのだが、共演2回目でこれだけの音を引き出すのは、やはり只者ではない。

 ほんとにいいコンサートでした。


 以下、4月15日の追記


 本来であれば、常任指揮者のシェレンベルガーが指揮し、元ベルリン・フィルのハープ奏者のシュースがハープ協奏曲を披露するプログラムだったが、ドイツ本国で再び感染が拡大。日本に生活拠点の無いアーティストの来日は困難になった。代役の指揮者はヨーロッパへの進出が足止め中の熊倉優の再登場、ソリストはなんと竹澤恭子が務めるという・・・聴き手としては全く不足のないプログラム。

 80年代後半から90年代にかけて、五嶋みどり、竹澤恭子、諏訪内晶子らの女性のヴァイオリニストが一気に世界に羽ばたいた。中でも竹澤さんはRCAと契約。コリン・デイヴィス&バイエルン放送交響楽団との共演によるブラームスのコンチェルトを筆頭にメンデルスゾーン、チャイコフスキー、エルガー、バルトーク、プロコフィエフなど膨大な録音を世に出した。メジャーレーベルと契約してこれだけの実績を残している日本人ヴァイオリニストは現在でも稀な存在だろう。その竹澤さんが来るというので、猛烈に楽しみにしていた。

 客席の入りは6割ぐらいか?大都市部での緊急事態宣言中に開催された2月の日本博のコンサートよりは入っているが、まだまだ客足が回復していない印象。この状態が続くと経営的にも厳しくなってくるだろうな。。。

 今回は、舞台上のSD(ソーシャルディスタンス)配置はほぼ解消(木管金管の横の距離は心持ち広いかな)されていて、ひな壇最上段にティンパニが指揮者と正対する配置にようやく戻った。下手から1stVn:10→2ndVn:8→Vc:6→Va:6、上手奥にCb:4の10型2管編成のストコフスキー型配置。

 1曲目のウェーバーはふわっとした入りを志向したものの、ややバラけた感じで始まったが、合奏部分に入ると岡フィルのアンサンブルの良さが感じられ、心の中で「いいぞ!今日の岡フィルもいいっぞ!」と聴き手の期待のボルテージが上がる演奏になった。今日のホルンの客演首席は西日本ダントツの実力を誇る京響のホルンセクションを率いる柿本さんで、弱音の柔らかさやフォルテの時の輝かしい音色はさすがだった。

 2曲目の竹澤さんによるブルッフの1番。これはもう・・・心が震え、脳が解きほぐされていくような感動の演奏だった。
 竹澤さんの音は濃厚で強靭。34人のオーケストラの弦五部を相手にしても突き抜けてくるのだ。竹澤さんの弓さばきをみて驚いたのだが、とても繊細に弓をコントロールしている。大きな音を出すことができるヴァイオリニストは、たいていは深くボウイング(ときに弓を擦りつけるような)で出している人が多いと思うが、竹澤さんはそういう感じが全く無いのが驚きだった。
 素晴らしいのは竹澤さんが岡山フィルとの音楽の対話を心底から楽しんでいることだった。コンマスの福田さんはじめ、各パートに気を配って、どんどん音楽の深い世界に連れて行くような演奏で、岡山フィルの音もさらに艷やかに、濃厚に変化していく。
 第2楽章は、演奏の仕方によっては甘くロマンティックな世界になってしまうが、竹澤さんは心が澄み渡っていくような、磨き抜いた美しい音で表現していく。この曲は同時代のブラームスやチャイコフスキーの協奏曲のように長大な第1楽章を置いておらず、明らかにこの緩徐楽章に重心がある。竹澤さんの演奏もこの楽章に重心を置いた演奏で、繊細な表現の中に濃密な音が流れていく感覚がたまらなかった。私は2階席に座っているからわかるのだが、1階席にはハンカチや手で目を拭う人が何人も居た。岡フィルの弱音で支える伴奏も素晴らしかった。
 第3楽章に入ってオーケストラとの対話がどんどん高揚していく場面で、(僕の気のせいでなければ)竹澤さん自身も感極まる様子だったように見受けられた。同じコンサートを聴いた方のtweetに、竹澤さんが目に涙を浮かべていたという感想もあったので、僕の気のせいでは無かったはず。パリ在住の竹澤さんもコロナ禍の影響は甚大であったはず。クラシック音楽の本場の国々が次々にロックダウンする中で、コンサートが開催できている数少ない国となった母国での活動に賭けるものがあったのかもしれない。
 入国後の2週間隔離というのは、想像以上に大変なことのようで、3月中旬に入国されたソプラノ歌手の森野美咲さんも、その辛さについて言及されている。そういった入国にかかる困難さをおして来てくれた竹澤さんはじめ、海外在住アーティストの方々には感謝しかない。


 岡山フィルも伴奏という範疇を超えて、1人のソリストと50人のオケマンたちが、お互いに心を開いてセッションを展開している、そんな演奏だった。熊倉さんのタクトは目立たないがソリストとオケとの対話を邪魔せずにしなやかにバランスを取ってドライブしていく感じ。
 自分も、もう少し頑張ってみようか、そんな活力が得られる演奏だった。

 アンコールはバッハの無伴奏ソナタ第3番から「ラルゴ」。竹澤さんらしい高潔なバッハだった。

 後半のベートーヴェンの「英雄」この曲は2013年にシェレンベルガーが岡山フィル首席指揮者就任記念演奏会で採り上げた曲。それだけに、あの時からこのオーケストラはどのように変わってきたのかを知る演目と言っていい。
 快速テンポで若々しくエネルギッシュな演奏だが、昨今のピリオド系の演奏のようなザクザクとした弦の刻みやフレーズの最後をスパッと切るようなアプローチはほとんど採用せず、弦の音は艷やかに、フレーズの処理はとても自然。熊倉さんはN響でパーヴォ・ヤルヴィのアシスタントをされていたそうだが、パーヴォがDCFでやっていたようなピリオド系のアプローチではなかったのが意外。でも、こちらのほうが岡山フィルには合っている。

 そして(去年の10月にも思ったのだけれど)熊倉さんは管楽器のアンサンブル、弦と管のバランスのとり方、センスが抜群に良いと感じる。


 第1楽章冒頭のこの部分で、ターンターンと弦と管が同じリズムで和音を奏でる場面の深みのある音に、いきなり背筋がゾワゾワとする感動が来た。「今日の演奏も素晴らしいものになるぞ」とこの瞬間に確信した。

※オーケストラではなくMIDI音声が流れます



 そして、第1楽章のマイナーに転調してからの展開部、複雑な動きをする弦楽器の裏で鳴っている木管金管のタッタッタッタッタッタッターという和音が、トランペットを目立たせず、木管4部を中心にして木質感を醸し出しながら絶妙かつ極上のサウンドに仕上げる。
※オーケストラではなくMIDI音声が流れます



 こんな感じで全曲にわたって響きの質感にこだわった熊倉さんのセンスが光っていた。まだ29歳でよくこういう音が出せるな、と。冒頭にも書いたとおり、ホールの2階席・3階席の最前列あたりに耳を置いて、それを聴いてるんじゃないと・・・。
 そして、この上質なサウンドを奏でる岡フィルの管楽器陣も凄いと思う。

 木管といえば、一つ特筆すべきなのはオーボエの工藤さんの演奏。ベートーヴェンにとってオーボエというのは特別な楽器で、とりわけこの曲には第2楽章や第4楽章をはじめオーボエのソロが本当に多いのだが、どの場面でも素晴らしいソロを聴かせてもらった。そしてソロだけでなくて、管楽器でのアンサンブルも彼女の音が軸になってアンサンブルが作られていて、この演奏をシェレンベルガーが聴いていたら絶賛するのではないかと思う。


 第1楽章は、あっと言う間に過ぎ去っていった印象で、まずは提示部の繰り返しが無かったこと、そしてこの曲の演奏史ににおいて、暗黙の了解や慣例で演奏されてきた「溜め」をほとんど容認せず、畳み掛けるように曲を展開させていったことも大きい(その点では、パーヴォ・ヤルヴィのやり方を研究されたのかもしれない)。

 一つ、物足りなかった点があるとすれば、第2楽章。この交響曲はこの壮大にして劇的な第2楽章の存在感が半端なく大きい。この楽章のアプローチとしては、舞台上の指揮者や奏者が、このドラマティックな世界の主人公と二重写しになるような、いわば憑依型と言えるようなアプローチがある一方で、恣意性を排し再現芸術に徹することで、音楽との一体化を図り最後には「何かが降りてくる感覚」を志向するアプローチがあろうかと思う。熊倉&岡山フィルのこの日の演奏は、どちらかといえば後者に近いが、他の3楽章の鮮やかな印象とは対象的に、この楽章の存在感が希薄だったように感じ、もっと掘り下げた表現、ベートーヴェンはこの楽章で何を描いたのか?が欲しいと思った。とはいえ、中間部でのチェロバスの鳴りっぷりは壮絶なものだったし(まるで床ごと鳴る!といった感じだった)、楽章最後の息も絶え絶えな様子の弦の弱音の表現も良かった。


 第3楽章〜第4楽章は溌剌とした音楽に熱が帯びてくる。特に題4楽章の変奏曲はモチーフが複雑に、パズルを組み上げていくように音楽をしっかりと組み上げていく感じが見事だった。それと第4楽章は印象的な場面で長い休止があるが、オーケストラのアンサンブルが曲が進むにつれてどんどん純化していき、休止の際にホールに響き渡る残響が素晴らしかった。

 勢いに任せる派手な演奏はその時は熱狂するかもしれないが、早くに忘れてしまうものだ。去年の10月のシューベルトの未完成交響曲の音は、今でも思い出せる。今回の演奏も、そんな長く記憶に留めるコンサートになっただろうと思う。

nice!(2)  コメント(2) 

radikoで聴く!全国の民放クラシック音楽番組【分析編(上)】 [自己紹介]

 radikoプレミアムで全国のクラシック音楽を聴く企画。今回は分析編です。
 前回までのエントリー
 なぜ、自分がこれほど全国のローカル民放ラジオのクラシック音楽番組を聴いているかと言うと、ズバリ言えば、その内容のディープさにあります。基本的にはその地域のリスナーにとって有益な情報を放送しているので、その地域のホールやお店、時には出身高校の話になったりするわけですが、地域密着型ゆえのディープな話題が、他地域に住んでいる自分にとっては、逆に新鮮で面白かったりします。
 また、番組のパーソナリティも個性派が多い。NHKにも「×クラシック」や、その前身の「きらクラ」のような個性派パーソナリティによるトーク中心の番組がありますが、民放の番組はもっと濃いパーソナリティが多い。
 ここで、全国の32の民放クラシック音楽番組について、分析してみました。
【放送時間帯分析】
 まずは番組が放送されている時間帯を分析してみました。
radio 2jikantai.png
日曜日朝:15番組
土曜日朝:5番組
土曜日夜:4番組
日曜日夜:3番組
日曜日昼、日曜日深夜、月曜日夜、木曜日夜、金曜日夜:各1番組
 土・日の朝の放送枠の番組が63%を占める結果に。私が子供の頃から親しんできたABC朝日放送の「ザ・シンフォニーホール・アワー」も、ずっと変わらず日曜日の朝の時間帯。土日の午前中というのは、そもそもラジオ全体の聴取率も低い時間帯。そんな中でクラシック音楽の番組が持つイメージがスポンサー集めや土日朝のリスナー層にうまくマッチングしているのだと思う。
 一方で深夜時間帯の番組は1番組のみ。岡山フィルのラジオ番組「ブラボー!!岡フィル」の日曜日の午後3時30分というのは異例の「待遇」というのが解る。
 
【放送時間枠分析】
 次は番組の放送時間の長さについて。
radio 1housoujikan.png
60分超    :1番組(75分)
30分超〜60分:11番組
15分超〜30分:14番組
15分以下   :6番組
 NHKのクラシック音楽番組は1時間以上2,3時間にわたるものが多く、長大な交響曲や管弦楽曲、ピアノソナタなどを全曲放送しているが、民放のクラシック音楽番組は情報コーナーやトークが中心。30分以下の番組が62.5%を占めているのが特徴。楽曲を流すのは短い曲や抜粋部分のみの紹介になるので、シンフォニーや管弦楽曲の対局をガッツリ聴くのではなく、音楽の話題やトークを主体に聞きたい人向けと言えます。
 1時間を上回る番組はFM大阪の「おしゃべり音楽マガジン くらコレ」のみ。ただ「くらコレ」も最近は短縮バージョン(45分)での放送が多くなっている。
 
【番組のタイプ分析】
 つぎに、番組のパーソナリティーの構成から、番組のタイプについて分類して分析してみました。
radio 3type.png
DJ単独型:10番組
演奏家+DJのコンビ型:6番組
オーケストラ広報型:5番組
演奏家単独型:5番組
DJ単独+演奏家ゲスト型:3番組
演奏家+演奏家のゲスト型:2番組
演奏家と演奏家のコンビ型:1番組
 上記の「DJ」にはアナウンサーやナビゲーターなども含みます。
 一番多いのは、アナウンサーやDJが独りで番組を担当する「DJ単独型」。そこに演奏家のゲストを招く「DJ単独+演奏家ゲスト型」を加えると40%を占めます。次に多いのは「DJと演奏家のコンビ型」で18.8%。この形は番組進行・アナウンスの専門家と音楽の専門家が役割分担するので安定感があります。
 他にも特定のプロ・オーケストラの広報を目的とした「オーケストラ広報型」が5番組。このオーケストラ広報型の番組については(下)の記事で触れようと思います。
 ほかは演奏家一人で番組を担当したり(3番組)、毎回違う演奏家をゲストに招いたりする形(2番組)、珍しいのが演奏2人でトークをする形(1番組)など、番組の進行から話のネタまで演奏家が一手に引き受けている番組も多い。
 クラシックの演奏家として活躍している方の多くは、音楽大学を卒業している。音大では演奏家としての技術の研鑽だけでなく、楽典や音楽史の勉強・研究もされており、多くの演奏家が楽曲の特徴や音楽史などについて語れる素養を持っている。
 また最近のコンサートにはレクチャー形式のものも多いので、番組の司会進行と選曲(いわゆるDJの能力)と専門的な話題をわかりやすく伝える能力の両方を持っている演奏家は、放送局や番組スポンサーにとっては使いやすい存在なのでしょう。
 ひとつ気づいたことがあるのが、長寿番組に共通すること。ABC朝日放送の「ザ・シンフォニーホール・アワー」のDJの堀江政生さんは永く同局の看板アナウンサーでありながら、クラシック音楽愛好家であり同局主催のコンサートやイベントの司会を務めています。それに加えてご子息はプロの演奏家。番組制作とクラシック音楽事情の両方に精通しているといえます。
 また、青森放送の「岡田照幸のタッチはピアニッシモ」のDJの岡田照幸さんは、青森でピアニストとしてコンサート活動を続ける一方で、青森放送のディレクターでもあり、地域の音楽イベントの会社を経営されている、という最強の人材が長寿番組を続けています。
 次回は、民法ラジオ番組の中で私が一番おもしろく聴いている、「オーケストラ広報型」の5番組について分析します。

nice!(3)  コメント(2)